Adobe Reader

Volume Extractor 3.0 仕様/動作環境/価格

製品概要  機能詳細  仕様/動作環境/価格  更新履歴

仕様/動作環境/価格
仕様
対応フォーマット 入力 ・2D画像
DICOM3【*1】、Raw、BMP【*2】、JPEG【*3】、TIFF
・3D画像
VDF、VOL、Analyze7.5、VTK【*4】
・3D形状データ
STL(BINARY、ASCII)、PLY
出力 ・2D画像
DICOM3、Raw
・3D画像
VDF、VOL
・3D形状データ
STL(BINARY、ASCII)、MGF、DXF、SMF、VRML、NPTS
【*1】 圧縮されたDICOM画像に対応しています。また、フォルダ内に複数のシリーズ画像がある場合にも対応しています。
【*2】 BMPは、24bit、8bitに対応しています。R成分のみを使用しています。
【*3】 JPEG 2000形式には対応しておりません
【*4】 Visualization Toolkit File(ボリュームフォーマットに対応)
動作環境
必須環境 推奨環境
OS Microsoft(R) Windows(R) XP, Vista, 7, 8 【*1】
CPU Intel(R) Pentium(R) 4 2.8GHz Intel(R) CoreTM2 Duo 以上
※デュアルコアプロセッサ以上推奨
メモリ 1GB 4GB 以上推奨
グラフィック NVIDIA(R) GeForce(R) 5900 / ATITM RADEONTM 9800 以上
VRAM 128MB 以上
NVIDIA Quadro(R) FX ミドルレンジモデル 以上
VRAM 512MB 以上
モニタ解像度 XGA(1024×768)
32bit カラー
SXGA(1280×1024)以上
32bit カラー
【*1】Volume Extractorは、32/64bit版OSに対応しています。
価格/ライセンス
ライセンスについて
Volume Extractor 3.0 は、1台のPCに対して1ライセンスとなります。

価格

製品名 価格 構成内容 備考
Volume Extractor 3.0
(通常版)
【*1】 ・ソフトウェアインストーラ  こちらの製品は、すべての機能を使用できます。
Volume Extractor 3.0
Light
【*1】 ・ソフトウェアインストーラ こちらの製品は、一部の機能を限定したバージョンです。【*2】
【*1】オープン価格です。価格はサポートにお問合せ下さい。
【*2】「通常版」との違いについては
機能比較表をご覧ください。※アカデミック価格、アカデミック区分に詳細はサポートにお問い合わせ下さい。購入後、1年間はメールサポートと無料更新が可能です。
※講習会、出張、遠隔サポートについては別途有償になります。

購入方法について

Volume Extractor 3.0 のご購入については、下記のページをご覧ください。
ソフトウェアの購入について
※Volume Extractor 3.0 (試用版)は30日間無償でご試用いただけます。全機能をお使いになれますが外部ファイルへは保存が出来ません。詳しくはこちらをご覧ください。